2008/07/30

People you should meet at iSummit2008- Yoko Nishikido

Yoko Nishikido



Yoko Nishikido is "the woman who knows about the internet in Japan". She is an editor at a publishing company Impress R&D, and had been the editor of a monthly magazine called "Internet Magazine" which is the first magazine in Japan on the "Internet". She won the "Internet Person of the Year, 2007" for her continued efforts and contributions to the industry through her work "The Internet white paper"(since 1998), "The K-tai white paper"(since 2005).

Her bio is as follows:

I am an editor in chief of the book editorial department of Impress R&D in Impress group.After working for the first Internet journal in Japan "Internet magazine" (since 1994 to1997,I have been editing the year book "The Internet white paper"(since 1998), "The K-tai white paper"(since 2005),and many books about the Internet industry and society. In this year, "Apple and Google" written by Hiroshi Ogawa and Nobuyuki Hayashi, and "K-tai industry in how strange Japan " written by Yasuhiko Taniwaki.


錦戸陽子さんはインプレスの有名編集者で、インターネット黎明期のバイブル「インターネットマガジン」に携わった後、インターネット白書やケータイ白書を担当され、その功績により2007年のウェブ人オブ•ザ•イヤーを受賞されています。個人的には、前職時代から大変お世話になっております。いつもありがとうございます :D

プロフィールはこちらです。

1994年、株式会社インプレスに入社。日本初のインターネット専門誌「インターネットマガジン」スタッフとして日本の黎明期のインターネット業界を取材した後、1998年より「インターネット白書」、2005年より「ケータイ白書」という年鑑を担当している。白書以外にもインターネットと社会、インターネットとビジネスをテーマにした本を多数手がけ、今年になって担当した書籍は「アップルとグーグル」(小川浩、林信行著)、「世界一不思議な日本のケータイ」(谷脇康彦著)。現在、インプレスグループのR&Dカンパニーである株式会社インプレスR&D 白書・書籍編集部 編集長。
コメントを投稿